あの朝へ〈現在地フリーター〉

フリーター1年目(25歳、女性)による日記。

なんでこんな所に帰ってきたんだろう。


バイトからの帰り道、家が見えて、なんだか気持ちがぐにゃっとなった。

「(なんだろう···)」と、そのままに歩いていたら、あの家の中のことを思い出し、立ち止まった。

「(あれが、私の帰る場所なのか···!?
あんな所に帰るって、、え? “帰る”?)」

これが“帰る”って気持ちなはずがない。
あの家に帰っても安らぎはない。
嫌な気持ちになるばかり。

それをさっきまで忘れていたのは、嫌なことを、忘れられるようになったからだろうか。

あの家にいるくらいなら、仕事してる方が良い。


止まってられなくなって、ウロウロしだして、不審人物になっていることに気づき、また立ち止まった。

「···はぁ······(帰りたくない···)」

ため息と、本音が出た。
そわそわしていた気持ちが、しょぼんとして、少し落ち着いた。


このバイトでお金を貯めて、私は、1人暮らしをするんだ。そのための今。

···そんなのでは、納得できなかった。

未来のために今を犠牲にしていいのか。


立ち止まったまま、気持ちだけは急いでいた。

次の1歩を踏み出さなくちゃ。
その1歩は、確実にここから始まる。
帰るために動くわけにはいかなかった。

じりじりと、動けない時間が積み重なる。


「(今立ち止まっているのは、私が、帰りたくないと思っているから。だから、立ち止まっていていい。)」
自分の正直な気持ちを、認めようと、許そうとした。

ここには、私の意思を無視して命令する人はいない。
私が、私の意思のままにいることを、気に食わない人は、いない。

「(大丈夫···大丈夫······)」

···あの家には、いるんだ。



······いらないな、家族、親。
足を突っ込む、足を引っ張る、コントロールしようとする、怒鳴ってばかりで鬱陶しい。

このままだと“やっと死んだ”と思うときが来る。

できれば、もう少し、正常な人間が、親であってほしかった。

···あんなねちねちした所、うんざりだ。

もう、いいよ。
この家から出て行こう。

1人暮らし。
今からやっちゃえばいいんだ。

前向きになれた。今を犠牲にはしない。

私は、あの家から出るために、あの家に行く。

「よしっ」

1歩。

勢いよく歩きだした。




生きることを諦めない


バイトやれてる。


やってよかった。

よくないこともあるけど、そんなことは毎日の働きの中で、どんどん過ぎ去っていく。
1日の終わり、いろんな事を振り返らなくちゃいけないのに、その時間もなく眠りにつく。
日々は過ぎるばかりで、思い出す間もなく新しい1日がやってくる。

忘れてしまう。

でも、確かに、のこってる。


外に出てよかった。


声を出して大笑いする人がいる。
独特なユーモアを言う人や、微笑んで挨拶してくれる人、そわそわしてる人、「食べてね」ってお菓子をくれる人。

色んな人がいる。

たった1人の人が、たくさんいる。


家の中になかったものが、新鮮さを私にもたらしてくれた。

優しさ。
思いやり。
ユーモア。
からかい。

しばらく受け入れられなかった優しさ。
優しくされる覚えはないって感じだったけど、ごく自然のことなんだと気づいた。
皆が優しさを持ってる。

その心を利用して、こき使うような人はいないし、犠牲的な優しさもない。

ここにある優しさは好き。

やんわりとした気分になる。


まるで別の世界のように感じた。

この場だけのお約束。
笑うタイミング。

おもしろい。

生きていながら、生まれ変わったような、別の人生を生きているような気持ちになった。

なんというか、色が違う。
漂う空気がくっきりとしてる。
風が流れてる。


···うれしい。

世界は変わるんだ。変わり続けられる。

1回きりの人生に、私はどれだけの世界にいられるだろうか。

今のバイトは数ヶ月。
ここにいられる私の寿命。

どうか、生きることを諦めないでいたい。

終わりがあることを、忘れずにいたい。



優しくしないで。

「ありがとう」

優しい言葉。
優しすぎて、痛い言葉。
胸が苦しくなって、自分の首をしめたくなる。

怖い······

どうして私に優しくするの?
痛い。
やめて、優しくしないで。

私を殺さないで···。



···いつか必ず殺される。

私は生きることを選んだ。
自分で死なないなら、何かに殺されるしかない。

なんだろう···なんでこんな気持ちになるんだろう。
苦しい。
あんなに死にたかったのに、死ぬことが怖い?

···違う。

生きることを選んだ途端に、殺されるような気がして、怖い。


···そうだ···優しさを受け入れた途端に、離れていってしまうんだ。
あの優しさは、いつか消えてしまうものなんだ。
だから、苦しい。

いつだってそうだもの。
私が心を開くと、離れていってしまう。


のこされた私は、1人、ぽかんと立ち止まる。
泣けない虚しさが、少しずつ身体を冷やしていく。
遠ざかる背中が、他の人々と同じになっていくのを眺めながら、浅い呼吸を続ける。

もしかしたら私の思い違いかもしれない。
けれど、私のいないあなたの後ろ姿は、あからさまに楽しそうにしてる。


···私はひとりぼっちにしかなれない。
今まで何度もそうだった。

もう、失いたくない。
どうせなら、何も無いまま、何もせずに失いたい。
努力はしない。
つなぎ止めたくなるから。


···あれ······そっか···


それじゃあ、無理をして相手に合わせなくてもいいんだ。

まじわることなく平行線。
何も失うことはない。

離れるのは、あなたの進む先に私がいないだけのこと。
自分の望む道を行けばいい。
私もそうする。

···それでいい。


···そっか···ーーー。


せめて背中を押そう。
私だって、人に対する愛情がある。

そして私も、私の人生を生きよう。



とにかく、今のバイトは数ヵ月しかいられない。色々やってみる。



心の中で“ごめんなさい”の独り言

私の中に「ごめんなさい」が何度も鳴る。

土下座をして、相手の足にしがみついて懇願しても、許してもらえないというイメージが浮かぶ。



なんだろう···これは。

どうして許してもらえないんだろう。
···苦しくなる。


誰なんだろう······私のことを、いらないって、遠ざけようとしてる。


私は、それで···

···別にその人に好かれたいとかは思ってない、な。
ただ、許されないと、死ななくちゃいけない存在になってしまうんだ。

だからいつまでも謝り続ける。

絶望しないために。
その場にあり続ける。



···この人は、神様かも。

いや、神様なら許してくれるか···それじゃあ、人々の総意。
私が出来損ないだから?
人間が増えすぎているから?

···無難な親。

「いつまでもそこで泣いてなさい!動くなっ!」
「言う事聞かない子は、あのおじちゃんが鬼の所に連れて行くんだからね!」
「(車から)降りろ!どっか行け!帰ってくんな!」

子どものころのギクッとして、背筋がヒヤッとする感じ、いつまでも覚えてる。
そのときに似てる。



···その人が誰であっても、私は勝手に生きていく。


そう思うことにしよう。
1人で生きていくんだもの。

自分で励まして、自分で泣く。
自給自足をするよ。



···さようなら。
もう謝らない。

私は別の道を行く。
あなたに許された先にはない、別の道を行く。


バイト初日にミスをした···

バイト初日にミス。


目を背けた。
でも、目に入ってくる。
誤魔化しようがない。

しばらくして、謝った。

たぶん見つかったあと。
謝ったときの相手の態度が、すでに知っていたという飲み込みの早さ。


···すぐに謝れなかったぁ······。


初日にやらかす自分に目を背けたかった。
不甲斐なさ、罪悪感、ネガティブな感情を呼び覚ましたら、死にたい私に戻ってしまうんじゃないか。

避けたいことは一瞬でわかる。
そしてその一瞬の判断に、私は従ってしまった。
こうしていつもと同じ失敗を重ねる。


“失敗は成功のもと”なんて思って自分を励まそうとしても、無駄だった。
失敗を受け入れた上で次を求めようとする強さは、孤独な私にはないのだから。


失敗すると、どうしても罪悪感がつきまとう。
これがなかなか消えない。
受け入れ難い重苦しさは、きっと私を潰す。

その感情を拒否しながら私にできることといったら、同じ失敗をしないようにすること、これ以上失敗しないために想定すること。
けれど、この考えは良くない。

大学生の頃の私を思い出す。

失敗しないようにしていたのに、失敗してしまった。なぜかこれが続いて、どんどん神経質に悪い状況を考えるようになってしまった。

しまいには身動きできず、歩く1歩を踏み出すことすら躊躇するようになった。

何もしなければ、何もおこらない。

そこには失敗も成功もない。

なんにもならない。
あの時とまた同じようになっては、生きてきた甲斐がない。

だから私は、この罪悪感を受け入れてみなくちゃいけない。

失敗を恐れないために。

バイト、やることになった。

あらー···

小中高は6、3、3。大学4で、ニート3。
とりあえずニート卒業。
これからフリーター生活。

そういえば今、3月か。
卒業式に歌う歌は、この時期、特別な雰囲気をまとう。

ずいぶんと余裕だな。他人事みたいだ。



···電話、うまく話せなかった。
次はうまくやってやろうと考えるんだけど、分からないからネットで調べる。

こうして生きていくんだなぁ、って思った。
“次はうまくやりたい”なんて、3年前の私は思えなかったから。

ずいぶん前向きになった。

でも、前向き過ぎて自分ではないように感じることもある。

死にたいと思っていたのに、どうして死にたいなんて思っていたのかわからなくなることもある。

自分がよくわからない。


うまくいくといいな···。




ついに面接してきた。なのに自分が何をしたかわかってない。


あわわわゎ···


バイトの面接してきた。

次の4月でニート4年目になるからって、焦って応募した。
最近調子良いから、今のうちにやってしまえって、行ってきた。
調子良いくせに、キョロキョロもごもごニヤニヤと話した。

あー、こりゃダメかもしれない。


でも受かったらどうしよう。
いや、期間の定まったアルバイトだから、なんとかやれるって。

受からなかったら、また応募して面接か···。




······実はこれで良いのか、さっぱりわからない。

“人生は自分で切り拓くもの”というのは、こういう不確かなことなのだろうか。
誰かに言われたことに、従ったわけではなかった。
このまま無職でいることもできる。

それなのに、応募した。

どうして自分がそれをやれたのか、ピンときてない。でも目的ならわかってる。

一人暮らしのため。

そのために、やった。はずなんだけれど···今の私には何かが欠けているような気がする。



なんというか···とにかく実感がない。
働かないわけにはいかないはずなのに、なんだか自分には無職がふさわしいのではないか、と思っているような感じがする。

どういうことだろう。
自分をニートだと思い込みすぎているのだろうか。
それとも、私には働く能力がないと思っているのか。

ろくに生きる気力がないくせに、働こうとするなんて世の中舐めてんじゃねぇ、とか、死に損ないが生きようとするなんて身の程を知りなさい、とか、あれ?まだ生きてんの?死ぬんじゃなかったの?とか···。



私には、生きる価値がない。

ん?なぜ?

···生きようとしてないから。

···おや。
生きようとしないから価値がないのか、生きる価値がないから生きられないのか。
どっちかな。


“生きる価値”ってなんだろね。

誰に決められた?いじめてきた奴か?親か?
···そんなに他人は偉いか?


“生きる価値のない命”があるというなら、“生きる価値のある命”もあるということ。

んー···そんなの私に決められることじゃない気がする。


それじゃあ、“生きる価値があるか、ないか”という問いそのものが、違っているんじゃないだろうか。

人間の世界には“ある・なし”があるように見えるけれど、地球からしたら、人間はただ在るだけのこと。

いや、そんなこと言っても私は人間だからなぁ。


···私はそんな人間の世界が嫌だったんじゃなかったか?

ってか人間の世界って、そんな範囲決まってるものか?



······私は、人間だ。
そうだ、私のやることは全て人間の所業となる。
たった1人いることは、とても大きい。




(···あれ、話がズレた。)




···なぜ働こうとする?
働く私は私ではない。私には無職がふさわしい。
この世界で、私は不必要な存在なんだ。

できれば必要とされて生まれなかった。
いつも居心地の悪さでいっぱいだった。
だから私は···

···無職でいることは、私がいらない証明になる。

そんな居場所を手に入れたつもりだったのかな···。


···なんだよそれ。そんな与えられた立ち位置にいても、ちっとも幸せにならない。

命に必要・不必要があるなんて思いたくないくせに、いつまでこんな私に執着してるんだろう。


···あ、そうか。
一人暮らしが目的ではないんだ。
こんな私から遠ざかることが目的なんだ。


なんで忘れてたんだろう。
気づけてよかった。